• menu
  1. トップページ
  2. 福岡市エリア
  3. 福岡市エリア情報

TOWN INFORMATION

福岡市エリア

タウン情報

福岡市エリアってどんな街?

福岡市は九州最大の都市で県庁所在地です。現在の人口は約150万人で住みたい町ランキングでも常に上位に入る住みやすさに定評がある人気の都市です。福岡市は人口が多すぎず、少なすぎず適度に都会というちょうどいい都市といえます。”博多美人”という言葉もあり美人が多いとも言われている…そんな都市でもあります。博多弁は他県の方が聞くと可愛く聞こえる…という話もよく聞きます。 福岡市は7つの行政区(東区、西区、南区、早良区、城南区、中央区、博多区)で構成されています。人口が一番多いのは東区、市の中心部の天神や大名は中央区、交通の要所JR博多駅は博多区にあります。博多と福岡の違いは、大河ドラマでも取り上げられた黒田官兵衛が商人の町と武士の町をわけた街づくりをした名残です。 福岡市には、海、山、離島といった自然も豊かです。市の北側から東側までの広いエリアが海に面していて、博多港には貨物船や大型の客船が頻繁に入港しています。また、全国的にも珍しい地形”陸繋島”でもあり金印が見つかった事でも有名な、海ノ中道や志賀島はドライブやデートスポットとして人気です。また、市の南側には山頂に自衛隊の基地がある背振山があり、市の西側は糸島市と接しています。 福岡市の人口年齢分布には”20代の若者が多い”という特徴があります。これは、市内に九州大学をはじめとした学生数1万人規模の大学やその他の専門学校等が多いことが理由です。大学周辺のエリアには学生向けのスーパーや食堂なども多く、活気がありながら下町のようなアットホームな雰囲気があります。安い食堂もたくさんありますよ。 そして、福岡市の魅力で外せないのが豊かな食文化です。トンコツラーメンやもつ鍋、水炊き、うどんなど独特のソウルフードが多く、また、コストパフォーマンスも抜群です。転勤族からも人気があり、「福岡に転勤になると帰りたくなくなる」と言われるほどです。 交通面でも九州の玄関口であり交通の要所です。九州道、福岡都市高速、JR博多駅、福岡空港、博多港がすべて市内にあり、車、電車、新幹線、飛行機、船それぞれの交通の拠点です。空港が非常に都市部に近く、としんから空港へのアクセスランキングは世界第4位です。また、福岡都市高速は環状線になっており、九州道とも接続していますので、福岡市内の移動はもちろん近隣の市町村や他県との行き来がしやすい場所でもあります。外国人観光客からも人気があり、港別外国船路乗降ランキングはなんと23年連続全国1位です。 治安面でも、飲酒運転や暴力団への取り締まり強化がなされており、安心して子育てできる閑静な住宅地もあります。 その他、博物館や図書館、大型商業施設や、総合病院、こども病院、コンサートホールなどの施設も充実しています。 子供の医療費助成制度も充実していて、小学6年生までなら所得制限なしで制度を利用できます。3歳未満の子供の医療費は通院、入院ともに無料ですので子育てをする人に優しい…そんな街でもあります。

test

福岡市は7つの行政区(東区、西区、南区、早良区、城南区、中央区、博多区)で構成されています。人口が一番多いのは東区、市の中心部の天神や大名は中央区、交通の要所JR博多駅は博多区にあります。博多と福岡の違いは、大河ドラマでも取り上げられた黒田官兵衛が商人の町と武士の町をわけた街づくりをした名残です。

何々エリア情報

福岡市には、海、山、離島といった自然も豊かです。市の北側から東側までの広いエリアが海に面していて、博多港には貨物船や大型の客船が頻繁に入港しています。また、全国的にも珍しい地形”陸繋島”でもあり金印が見つかった事でも有名な、海ノ中道や志賀島はドライブやデートスポットとして人気です。また、市の南側には山頂に自衛隊の基地がある背振山があり、市の西側は糸島市と接しています。

test

福岡市の人口年齢分布には”20代の若者が多い”という特徴があります。これは、市内に九州大学をはじめとした学生数1万人規模の大学やその他の専門学校等が多いことが理由です。大学周辺のエリアには学生向けのスーパーや食堂なども多く、活気がありながら下町のようなアットホームな雰囲気があります。安い食堂もたくさんありますよ。

福岡市エリア

福岡市は、 博多区 ・ 中央区 ・ 東区 ・ 西区 ・ 南区 ・ 城南区 ・ 早良区 の7つの区で構成される。

福岡市エリア詳細

福岡市エリアの詳細をご覧いただけます。

福岡市エリアのおすすめ賃貸物件