• menu

福岡市エリア

福岡市博多区

人気ナンバーワンエリア

福岡市博多区について

福岡市(ふくおかし)は、九州の北部にある福岡県の西部に位置する市である。福岡県の県庁所在地であり、政令指定都市である。創業のための雇用改革拠点として、国家戦略特別区域にも指定されている。

九州地方では最大の人口を有し、東海3県を除いた場合の西日本でも大阪市に次いで2番目に多く、日本の市で5番目に多い。

九州地方の行政・経済・交通の中心地であり同地方最大の人口を有し、西日本においても大阪市に次ぐ人口を擁する都市である。同市を中心とする福岡都市圏は都市雇用圏として全国第5位の人口を擁し、北九州市(北九州都市圏)とともに形成する北九州・福岡大都市圏は都市単位の経済規模において日本の4大都市圏に数えられる。日本の民間研究所が2016年に発表した「世界の都市総合力ランキング」では、世界36位と評価された。

博多湾に面するこの地域は古来から博多(はかた)として認識されており、大陸方面への玄関口として利用されてきた。中世に商人による自治都市が形成され、戦乱で度々焼き払われながらも、豊かな町人文化を育んだ。豊臣秀吉の手で復興されたのち、黒田氏が福岡城とその城下町を築いたことで、那珂川を境に西が城下町としての「福岡」、東が商人町としての「博多」となった[2]。その後、江戸時代から明治時代初頭にかけて、福岡と博多は共存していたが、1876年(明治9年)に福岡と博多は統合され福博(ふくはく)となり、その後、福岡と改称された。

博多区の特徴

終戦直後の天神に、新天町が生まれて4年目の1949(昭和24)年。戦前の一流の博多商人が天神に進出してできた新天町では、その年「おれたちも生粋の 博多っ子。山笠を立てて町を盛り上げたい」と飾り山を計画した。

ところが、700年の伝統を誇る博多祗園山笠では、飾り山は福岡市の旧博多部の6ブロックに各1本立てられるのがしきたり。その計画が知れると、各方面に衝撃が走った。 新聞でも報道され、市民を巻き込んだ「福岡部」への山笠進出論争だったが、新天町のパイオニア精神と「市民に楽しみを提供したい」という熱意が、伝統の祭りに新しい歴史を刻んだといえる。

中央区の特徴

終戦直後の天神に、新天町が生まれて4年目の1949(昭和24)年。戦前の一流の博多商人が天神に進出してできた新天町では、その年「おれたちも生粋の 博多っ子。山笠を立てて町を盛り上げたい」と飾り山を計画した。

ところが、700年の伝統を誇る博多祗園山笠では、飾り山は福岡市の旧博多部の6ブロックに各1本立てられるのがしきたり。その計画が知れると、各方面に衝撃が走った。 新聞でも報道され、市民を巻き込んだ「福岡部」への山笠進出論争だったが、新天町のパイオニア精神と「市民に楽しみを提供したい」という熱意が、伝統の祭りに新しい歴史を刻んだといえる。

福岡市博多区周辺エリア詳細

博多区周辺エリアの詳細をご覧いただけます。

福岡市博多区のおすすめ賃貸物件