• menu

福岡市エリア

博多駅エリア

福岡市のトレンド発信地

博多駅エリアについて

百貨店やファッションビルなどの商業施設が高度に集積した九州最大の繁華街である。福岡市の中心業務地区でもある。博多駅周辺から福岡市地下鉄で数分の距離にあり、博多との間には全国的にも有名な歓楽街の中洲・南新地がある。
厳密には住所表記に「天神」が付く天神1 - 5丁目を指すもので、親富孝通り - 天神西通り、那の津通り、国体道路(国道202号)、那珂川・薬院新川で囲まれたエリアを指す。天神地区の中心は、かつては渡辺通りと明治通りが交差し岩田屋があった天神交差点付近とされたが、時代が平成に入るとイムズやソラリアプラザが開業し、その後は西鉄福岡駅の南進と福岡三越の開業など、天神駅の南部に商業施設が相次いで新設され、天神地区の中心は南下している[1]。2005年には七隈線天神南駅(渡辺通五丁目)が開業し、2007年には天神ロフト(渡辺通四丁目)(旧ユーテクプラザ天神、ジークス天神)が開業した。

天神の名は江戸時代に当地へ遷宮された天神様を祀る水鏡天満宮に由来する。現在の明治通りの那珂川から西鉄グランドホテル前の喰違(クランク)までの道沿いが、江戸時代の天神町(てんじんのちょう)であった。
現在、天神と呼ばれる地域は商業地域の印象が強いが、かつては福岡城下町の武家町で、商人町は博多にあった。明治維新により大名屋敷から人がいなくなりスラム化した天神町に警察署や県庁・市役所などの官公庁が設けられ官庁街となる。1936年(昭和11年)に岩田屋が当時の西鉄福岡駅隣に開店。太平洋戦争末期の空襲では罹災するも戦後の復興のなかで徐々に商業の中心はこの地域へ移っていき、1964年6月15日の町名町界整理により町丁名が「天神」となり、その際隣接する因幡町や鍛冶町なども含まれて現在の天神地区が確立した。

ピックアップエリア

博多駅エリア

新天町

終戦直後の天神に、新天町が生まれて4年目の1949(昭和24)年。戦前の一流の博多商人が天神に進出してできた新天町では、その年「おれたちも生粋の 博多っ子。山笠を立てて町を盛り上げたい」と飾り山を計画した。

ところが、700年の伝統を誇る博多祗園山笠では、飾り山は福岡市の旧博多部の6ブロックに各1本立てられるのがしきたり。その計画が知れると、各方面に衝撃が走った。 新聞でも報道され、市民を巻き込んだ「福岡部」への山笠進出論争だったが、新天町のパイオニア精神と「市民に楽しみを提供したい」という熱意が、伝統の祭りに新しい歴史を刻んだといえる。

タイトル2

終戦直後の天神に、新天町が生まれて4年目の1949(昭和24)年。戦前の一流の博多商人が天神に進出してできた新天町では、その年「おれたちも生粋の 博多っ子。山笠を立てて町を盛り上げたい」と飾り山を計画した。

ところが、700年の伝統を誇る博多祗園山笠では、飾り山は福岡市の旧博多部の6ブロックに各1本立てられるのがしきたり。その計画が知れると、各方面に衝撃が走った。 新聞でも報道され、市民を巻き込んだ「福岡部」への山笠進出論争だったが、新天町のパイオニア精神と「市民に楽しみを提供したい」という熱意が、伝統の祭りに新しい歴史を刻んだといえる。

タイトル3

終戦直後の天神に、新天町が生まれて4年目の1949(昭和24)年。戦前の一流の博多商人が天神に進出してできた新天町では、その年「おれたちも生粋の 博多っ子。山笠を立てて町を盛り上げたい」と飾り山を計画した。

ところが、700年の伝統を誇る博多祗園山笠では、飾り山は福岡市の旧博多部の6ブロックに各1本立てられるのがしきたり。その計画が知れると、各方面に衝撃が走った。 新聞でも報道され、市民を巻き込んだ「福岡部」への山笠進出論争だったが、新天町のパイオニア精神と「市民に楽しみを提供したい」という熱意が、伝統の祭りに新しい歴史を刻んだといえる。

タイトル4

終戦直後の天神に、新天町が生まれて4年目の1949(昭和24)年。戦前の一流の博多商人が天神に進出してできた新天町では、その年「おれたちも生粋の 博多っ子。山笠を立てて町を盛り上げたい」と飾り山を計画した。

ところが、700年の伝統を誇る博多祗園山笠では、飾り山は福岡市の旧博多部の6ブロックに各1本立てられるのがしきたり。その計画が知れると、各方面に衝撃が走った。 新聞でも報道され、市民を巻き込んだ「福岡部」への山笠進出論争だったが、新天町のパイオニア精神と「市民に楽しみを提供したい」という熱意が、伝統の祭りに新しい歴史を刻んだといえる。

タイトル5

終戦直後の天神に、新天町が生まれて4年目の1949(昭和24)年。戦前の一流の博多商人が天神に進出してできた新天町では、その年「おれたちも生粋の 博多っ子。山笠を立てて町を盛り上げたい」と飾り山を計画した。

ところが、700年の伝統を誇る博多祗園山笠では、飾り山は福岡市の旧博多部の6ブロックに各1本立てられるのがしきたり。その計画が知れると、各方面に衝撃が走った。 新聞でも報道され、市民を巻き込んだ「福岡部」への山笠進出論争だったが、新天町のパイオニア精神と「市民に楽しみを提供したい」という熱意が、伝統の祭りに新しい歴史を刻んだといえる。

トーマスリビングスタッフから一言

test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test 

test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test 
test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test 
test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test 

 test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test test 

博多駅エリアのおすすめ賃貸物件